2019年07月29日

non11回目の月命日とannaの初七日


*7 月27日*
nonの11回目の月命日
nonの居なくなってもう11ヵ月も経ってしまった・・しかもannaまでも旅立つなんて想像もしていなかった
10回目の月命日からこんなにも心が落ち着かなかった日はないよ
nonちゃん、これまでannaを見守っていてくれてありがとう
そして無事にお空へ案内してくれてありがとう
nonがお空へ旅立ってannaものすごく寂しかったんだね、、一周忌も待たずに逢いにいっちゃうんだもんね。
家族みーーーーーーーーーーーーーんなnonちゃんの事が大好きだってことだね
nonタイムは今回も晴れ
annaも一緒に来たよね〜 annaにお空からの下り方も教えてあげたかな
non11回目の月命日.jpg
お供えはちゃんとふたり分あったでしょ
nonの月命日にannaへのこんなに可愛いお花が届くなんて〜すごいね
お花.jpg
nonとannaかパピー時代を過ごしたケージの場所にふたりの祭壇を設けてみました


nonちゃん・・nonちゃん・・・淋しいよ。とってもとっても淋しいよ。。会いたい



7月29日、今日はannaの初七日
annaが旅立った時間帯、もう夜が明けていて晴れ曇り
6時からnonとannaの分身を連れて近くのコンビニまで。nonちゃんあんちゃん何日ぶりだろうね〜お散歩

nonの時よりも…あっという間の初七日……
あんちゃん、お姉ちゃんとぴったんこで置いていないけど近いから大丈夫だよね
ってかnonとannaはカラダのサイズが違ったからやっぱり骨壷サイズも違って…大と小みたいだねぇ
初七日anna.jpg
お供えはリンゴと旅立つ前日のお昼ごはんに食べたのと同じで白ごはんだよ〜今日は海苔ちゃん巻きにしたからね!
それと旅立つ前夜に作り置きしていた野菜煮込み、夜は豚ヒレ焼きやきするからね!!
nonお姉ちゃんにも分けてあげてねーー 
おやつのスイカ食べ終わったかな?いーっぱい食べてね持ち帰りもOKだからね
お昼にザーザー降った雨も今じゃ降ってないかのようにまた暑くなってきたね〜



ねぇanna、お空へ向かう日に実兄アランくんとお別れできて良かったね。またねってご挨拶できたかな。
アランくんとの.jpg
兄妹のあいさつ.jpg
アランくんの声、最後に聞けて良かったね〜

そうそう
ごはんごはん.jpg
食事介助で端っこに入っちゃったモノを少し中央へ押し込むと必ずannaの歯が当たって…ちょっと血が出て腫れた左親指
ねぇ〜あんちゃん、、噛まないで〜痛いって言ってたこの指ね
私の左親指.jpg
もう赤みもなくて瘡蓋になっちゃったよ.......


会いたいなぁ
撫で撫でしたいし、いっぱいいーーーーーーーーーっぱい褒めてあげたいなぁ


annaanna
あんちゃーーーーーーーーーーーんやっぱり淋しいよ会いたいよ
クールタイにもクールエプロンにも全然匂いが残ってないの・・・
でもベッドには匂いが残ってたよ!
どれもかれもいっぱい嗅ぎまくってチェックしたannaの匂いが残ってて嬉しいよぉ
何か1つでも本当に嬉しい!!!!!!
夏場は洋服を着ないからnonの時もanna時もいっぱい匂いがついたの残せなかったなぁ


あぁもうこんな時間になっちゃったね・・夕方だ

posted by a.konomi at 17:45| Comment(0) | non&annaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

無事にお空へ上がれました



anna、無事にお空へ上がれました。
斎場の高台へ行き、福岡市を眺め20時前にお家に帰ってきました
無事に上がれて.jpg

nonとannaが一緒に居られるように祭壇を変更しようと思っています
またおソロ.jpg

とりいそぎご報告まで


posted by a.konomi at 04:03| Comment(0) | annaのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

annaは明日お空へ

 *このあと亡くなったあとの画像があります。苦手な方はごらんにならないように願います*
7月に入ってからは左目が見えなくなってきて、そして左耳も聞こえなくなってきて、
ナックリングと跛行、旋回がありながらも歩きたくて自分で歩いてくれていました
ステロイドは継続服用して免疫抑制剤も飲んで、抗がん剤(1日2回×2日間)も1セットやってみたんですが思うような効果が出なくて
それで脂肪幹細胞移植をしようとしていた矢先に…

16日くらいから舌が上手く使えなくなったのか食べ辛くなって、それでも介助すればガツガツ完食してくれていたんです
前日の夕ごはんも完食して、20時くらいにはスイカも食べて…
だからまさか・・・力尽きるなんて

寝てるみたい.jpg

anna本人は理由もわからず手足が思うように動かなくなりとても不安だったと思います
聞こえる耳をフルに動かし私達の声を聞き、動く手足を使ってそばに来てくれて、本当に本当によく頑張ってくれたと思います


annaと離れるまでの間にnonとの別れの際にできなかったことも含め、
また家族でゆっくり最後の時間を過ごすため、、
金曜日までお家に居られるように頑張って欲しいと最後のお願いをしました
お手手.jpg
明日、金曜日(26日)の16時に斎場の予約をしました
お別れのセレモニーも含め、16〜18時の間でお空へ上がっていくと思いますので.....
みなさんお時間があればチラッとでも良いのでお空を見上げてお見送りしていただけると嬉しいです

nonが道案内をしてくれると思うのでannaは迷わないと思います
nonと一緒に.jpg


これまでnonとannaを応援してくださって本当に本当にありがとうございました
annaの経過については後日ゆっくり記していきたいと思います


posted by a.konomi at 15:45| Comment(8) | annaのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

2019/7/23 ☆anna☆



5月末に肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)と診断され、
少しずつ症状が進行してきて…それでもすごく頑張ってくれていました。

でも今朝6時前にannaは力尽きてしまいました。

anna嬢.jpg

すみません…今はご報告だけ。


posted by a.konomi at 22:44| Comment(4) | annaのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

初めてのてんかん発作*5月


この後、とても長文です。

現在、annaは病気と闘っています。それまでの経緯を記していこうと思います。
anna嬢.jpg


5/14の朝8時半頃、ひとり掛けソファーで寝ていて急に口をクチャクチャクチャクチャとした。
自分でソファーからおりてきてウロウロし始めて口元は泡々。少し震えあり、痙攣なし、眼振なし。
時間はしっかり見てなかったけど1〜2分程度で元のannaに戻った。

**後に口をクチャクチャするのが前駆症状だったことがわかった**

この日は服用中の利胆剤などをもらうために受診予定だったけれど、これまでこんな症状はなかったので朝イチの受診にした。
診察時、普段のannaだった。
獣医師:食後1時間くらいだったので食道への引っかかりとか消化器症状かもしれないですし、様子をみましょうか…

との診断だった。それと自宅の光の加減で目が白く見えるので2ヵ月前も調べてもらったが今回も調べてもらった。

獣医師:以前と変わらず核硬化症ですね。

そうして診察を終えて帰ってきて普段と変わらず寝たり起きたりしながら過ごす。
18時半すぎ上<下肢の震えあり、オヤツを食べさせてみる。食べたがいつも元気がない。いつもと違うと感じ、病院へ。
明らかに午前中とは違う元気のなさに、、血液検査をしてみましょうと。
獣医師:体温38.2℃、CBC・CRPともに異常値なし。頚部リンパやや腫脹?程度ですね、朝よりは首を上げない感じかな?
もしかすると頚部痛があるのかもしれませんね…お手持ち分のステロイド(プレドニゾロン5mg)1/2錠を飲ませてみてください。

とのことで帰宅。
20時前、夕食のフードを食べてステロイドを服用した。
普段のようにスリスリしてきて少し元気になってきた。

21時半頃から私のベッド(リビング横の部屋)にペット階段を使って上がり寝始める。
22時過ぎ、朝のように口をクチャクチャする音が聞こえてスマホを持って行くと朝よりもクチャクチャが激しい。
すぐに動画を撮り始めるとクチャクチャ泡々だけでは済まずに痙攣し始めた。横に倒れこみ手足をバタバタとバタつかせる…クチャクチャから手足のバタバタが終えるまで2分ちょっとの発作。
自ら立ち上がるもフラフラ、ウロウロと落ち着かず、口元は泡々でヨダレも長く垂れている。
口クチャクチャからトータル5分程度で目が虚ろだったのも普通に戻った。
痙攣中、私に背中を向けている状態だったので眼振は不明。
意識消失していたと思われる。
痙攣中はベッドからannaを落とさないようにする程度で大きな声は出さずにじっと見守った。獣医師に口では説明しにくいので記録用として動画を撮り続けた。

annaが落ち着いたところでベッドから下ろし
発作後よだれ.jpg
22:15頃に夜間動物病院へ電話し病状説明。*旦那は飲み会で留守*
夕方の血液データなどを持って、月隈まで車を運転。
23時過ぎ診察室へ呼ばれ、血液データを渡し動画を見せると・・・
明らかに痙攣ですね、夕方の血液検査以外の項目を調べてさせてください。同時に発作が起きたあとなので血管確保のためにルートをとります。結果:異常値なし。
血液データから見ると他の部分から出た痙攣ではなく脳からのものが疑わしいですね。脳の浮腫をとる脳圧降下剤(グリセオール)の点滴を1時間かけてします。その後、1時間こちらで様子をみましょう。その間、発作が出ないかをみて出れば注射をして出なければ坐薬を持って帰ってもらうことにしましょう。
ということで0時頃からグリセオール110ml/h開始する。
脳圧降下剤の点滴.jpg
点滴中は隣の猫ちゃんをぼーーっと見たり、看護師や獣医師・他の患者(犬・猫)の出入りを見ていたりしていた。
夜間で点滴をした.jpg
点滴中も終了後も発作はなく、朝まで様子をみていくか聞かれたが帰宅することにした。
痙攣時の対処と注意点について、必ずかかりつけを受診するよう説明を受ける。
次の発作を出さないようにするためダイアップ坐薬10mg×2回分処方、FAX先の確認され、支払いを済ませて2時半頃に帰宅。
その後は発作もなく朝を迎え、8時過ぎにフード完食する。
10時頃、かかりつけ受診。
夜間病院からのFAXは届いているが、詳細を説明しながら動画を見せる。
朝の口をクチャクチャさせていた時もこういう顔をしていたので、あれは前駆症状だったと思うのですが…

獣医師:そうですね、、前駆症状だったのでしょうね。今回、初めての痙攣で今後も出るのか、出ないのか、、それはわからないが抗てんかん薬を飲んで発作が出ないようにしていきましょう。発作が出なければ量を減らしたり、休薬や中止もできますので。
エピレス錠(40mg)2錠2×朝・夕で内服開始となる。

その後は発作なく、普段通りの生活ができていた。

26日の2:35
寝ていたが、小刻みに震え出す。
2:36
ヨダレが出てきたと思っていたら口をクチャクチャし始めた。前回よりもクチャクチャする時間が長い。
2:38
口元は泡々になりヨダレが垂れているが痙攣なく治まった。
2:45
痙攣はしてないが、次回の発作を出さない為にダイアップ坐薬(10)挿入する。

坐薬挿入後から3時半までウンチしたいウンチしたい!と窓際へ何度も行きウロウロしまくる。
4時過ぎやっと落ち着きベッドへ行き4時半から寝始めるが首元が痒いようで時々すりすり擦りつける。5〜6時は起きたり寝たり、6時半〜7時半は爆睡。
8時過ぎフード朝分を完食する。8:15窓際へ行くので庭へ出すとシッコとウンチする。
10時前、かかりつけ受診。
痙攣はしなかったが前駆症状だと思われるので坐薬挿入したこと、脳に何かしらなければ痙攣や前駆症状が出るはずがないと思っていること、なるべく早くMRI検査をしたいと思っていること、先生は急がなくても…と言われるが先延ばしにしていてもし重績になってからでは状態によって撮れないかもしれない、それと暑い時期になって検査もますます不安、MRI検査することも麻酔へのリスクもっと↑すると思っていること、もしも脳炎や脳腫瘍などがあった場合にその治療をどうするかなど今後のannaへの対応も変わってくると思っていること、MRI検査をした際にもしかしたら脳脊髄液を採取することも考慮し症例件数が多い動物病院での検査を希望する
など私が思っていることを説明した 。

獣医師:annaちゃんのためにしっかり考えてこられていること、よくわかりました。
今日は日曜日で休診のため、明日いつMRI撮影が可能か病院へ確認を取ります。
予約が取れたらMRI検査前の血液検査、レントゲン検査をしましょう。

27日、前駆症状もてんかん発作もなし。
かかりつけ病院からMRI検査*29日15時〜予約完了の連絡が入る。明日、諸々の検査しましょう。

28日、前駆症状も発作もなし。
10.9kg、レントゲン検査、血液検査(T4,NH3も含め)
29日予定通りMRI検査ですね。
夕食は18時までに終わらせるようにしてください。との指示がありましたので。
18時半過ぎ、左脚が小刻みにピクピクしている。
記録用に動画撮影。19時過ぎには治まった。
普段通りに寝る。

いよいよ検査日…麻酔のこと、結果のこと、、ドキドキ。

29日、前駆症状も発作もなし。
〜MRI撮影当日〜
朝は絶食。普段通り散歩へ出てウンチ3回、帰宅後ごはんは?って顔を見ていたが…ごめんね検査で食べれないの、と説明するとふて寝した。日向ぼっこしたいと窓際へ行くので日向と日陰に移動しながら15分ほどテラスで過ごす。
その間、11時頃まで少量ずつ水分摂取。13時頃、かなり余裕をもって自宅を出発。
ゆっくりゆっくり安全運転で向かって14時前には病院近辺へ着き…それでも時間があるのでパン屋でパン購入したり、スーパーで飲み物購入して、、14時半から病院駐車場で15時の診察検査を待った。
15時少し前にドアからこちらへ来る人…予約の方ですか?開けますのでトイレ済ませたらどうぞ、と院長だった。

annaのシッコ済ませ、診察室へ入り問診、診察(歩行状態、神経症状の有無など)、発作時の動画、前日の左脚ピクピクの動画も見てもらう。
脳や神経の症状について、MRI検査のリスクについて説明、また脳に何かあれば脳脊髄液の採取をして検査することについて説明を受けた。

また脳脊髄液検査は頭蓋内圧が上昇している場合には、脳脊髄液採取によって生じる脳圧の変化により突然の脳ヘルニアを生じ最悪の場合には死亡してしまう危険性があります。
もしも急変があった場合に我々は最善を尽くしますのでね。
そしてマイクロチップが入っているんですよね?たぶん問題ないと思いますが画像映りが悪い場合には除去することになりますが大丈夫ですか?

annaは点滴ルートなど検査準備をします、とのことで院長が抱っこして診察室から処置室へ連れていかれた。
その後、同意書にサイン。

いま15:20くらいですね、お迎えは一応17時にしておきましょう。ただ点滴などで多少遅れてお待たせすることはあると思いますのでご了承くださいね。
ご心配なのはわかりますが、やきもきしてこちらでお待ちされても状況は変わらないのでね、近くにファミレスもあるので時間をつぶしてお待ち下さい。先ほどもお話したように最善を尽くしますのでね。

ということでannaをお任せして、絶対annaは大丈夫!無事に戻ってくる!!️って思いをもって病院を出た。
支払いについて聞くと可能な限り現金払いで…とのことだったのでさっそく銀行へ。
広い広ーい駐車場だったので端しっこに停めてATMへ行った後で行きに買ったパンと飲み物を飲み食いし、車で近隣をぐるぐる…コンビニがあったのでコンビニでコーヒーを買い、車内でゆっくり飲んで…お友達とLINEしながら気持ちを落ち着けて…16時半過ぎに病院の駐車場へ戻った。
今の段階で電話がないってことは絶対絶対大丈夫びっくりマークと思いながらもドキドキして17時を迎え、院内へ入り受付に声をかけると、、
検査は終わっていますけど、もうしばらくかかるようですので車内でお待ち下さい。終わり次第お声かけさせていただきますね。
ということで車内で待っていると20分くらいして院長が出てきた。


お待たせしましたね、無事に検査も終わっていますよ。
診察室へどうぞ、お話しますね。

いくつか問題点がありました…まずは脳ですね。
脳は基本左右対称です。
こちらの画像を見てもらうと左右非対称なのがわかると思います。右側頭葉部分に白くモヤモヤが映っていますね。
これが腫瘍かどうか…造影剤を投与して撮影しています。
白い部分が消えていますね、なので恐らく腫瘍ではなく脳炎だと思われます。
脳炎にもいくつか種類があります。でも生前に確定診断できません。病理組織検査が必要だからですね。感染症等を除外し、脳脊髄液検査並びに画像診断(MRI)で仮診断になります。この画像な境界線などからみると壊死性脳炎ではなく、肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)ではないかと思われます。今回、脳脊髄液も採取しました。混濁もなく、血液混入もなく、無色透明です。院内の簡易検査では炎症所見はありませんでした。これは外注で検査しますので結果が出るまでお待ち下さい。
この治療の中心はプレドニゾロンを中心とした免疫抑制療法です。かなり高濃度で開始して徐々に減らしていきます、トータル半年がかりです。治療内容についてはかかりつけへ私の方から報告しておきますのでね。

次は頸と腰、ヘルニアがあります。C2-3、T13-L1、L1-2これは左側へ突出していますね。見つかった時点で悪化させないようにすることが一番。縦の動き、例えば階段やソファーなどの上り下りなどそういう動きをしていますか?すぐにやめるようにして下さい。今のところ症状は出ていなくてもいずれ痺れなど出てくる可能性が高いです。症状が出て手術をして5〜8割は歩けるようになります。それ以外は痺れが残ったり引きずって歩いたり、皆が歩けるようになるわけではないのが現状です。ですので見つかった時点で悪化させないようにするのがベストです。
食事は3〜4時間後以降なら大丈夫ですよ。しっかり目が覚めてからにして下さいね。
では、脳圧降下剤(グリセオール100ml/h)が終わったようなのでannaちゃんを連れてきますね。
*MRI画像と脳脊髄液の結果は別日です*
MRIと脳脊髄液の結果.jpg

その間に会計を済ませました。(MRI代86400円*脳脊髄液採取と頸〜腰の撮影代も含む)

院長が抱っこで舌が出てボーっとしているannaを連れてきて、私がこのまま車まで運びますので移動しましょう。
とそして歩きながら院長がこんな話を…
怖がらせるつもりはないですよ、でもお話はしておきますね。脳炎の炎症が他の脳内へ飛ばない広がらないことが一番だけれどもこれが起きるか起きないか誰にもわかりません。ずっと起こらないかもしれないし、帰りに起こる可能性もある。呼吸に影響する場所だった場合は突然死ということも有り得ます。そういう事があるということを覚えておいてくださいね。それと他の症状が出てきた場合にはお知らせ下さい。

検査が無事に終わった安堵、、脳炎、ヘルニア、突然死も有り得る、、、正直私はちょっとパニック。
annaは私からしっかり見える位置の助手席のベッドに寝かせてもらい犬用シートベルトをつけ、院長にお礼を行って病院を出た。
冷静に冷静にと心がけて運転したが道中、annaは伏せて寝ずにユラユラしまくり…落ちないように支えた。
どうにか18時過ぎにかかりつけ病院へ着いた。
待合室で心配している主人とお友達へ連絡。
診察室へ呼ばれ看護師さんや先生から労いにもannaは舌を出してボーっとしたまま。
既にMRIの結果報告があったとのこと。
GMEだろうとの診断だったので、免疫抑制量のステロイドで治療していこうと思います。
まずは2週間、かなり高濃度ですが…
プレドニゾロン(5mg)1回3錠//1日2回の6錠:ステロイド
ファモチジン(10mg)1回1錠//1日2回の2錠:制酸剤
エピレス(40mg)1回1錠//1日2回の2錠:抗てんかん薬
ウルソ(100mg)1回1/2錠//1日2回の1錠:利胆剤←胆泥症でずっと継続服用中
を処方され、帰宅。

帰宅後、22時頃までずっと寝続けた。
顔を上げたので水皿を出したが顔を背けた。
結局飲まず食わずで朝まで寝ていた。



30日
7時頃に水分摂取、7時半ふやかしフード1/3量摂取、8時半2/3
午後から目が覚めてきた。テラスで日向ぼっこしたり、リビングでお昼寝したり、のんびり過ごす。
夕方から水分量増えてきたので水分量調整(水皿への水を少しづつしか入れず)開始、尿量も増加。水が欲しいとじっーと見てくる、ひとり掛けソファーへ乗りたがり何度も繰り返し私を見てくる…手舐めをしたりスリスリしたりひっくり返ってベッドに八つ当たり。
夕食も完食し、内服薬も飲めた。
前駆症状も発作もなし。

31日
annaとの家族記念日。
朝7時半くらいから雨が降ってきたので午前中は散歩なしでのんびり過ごす。
午後から買い物へ(車内で留守番)行き、雨が止んだので少し散歩へ。
帰宅後お祝いメニューの芋ケーキを食べる。
19時過ぎ、メインの馬刺し&馬肉ステーキをガツガツ食べる。
ステロイドの影響で多飲多尿。検査前から比較すると体重10.9→10.6kgへ減った。
前駆症状も発作なし。


発作も前駆症状も出ずこれで落ち着くのかと思っていたのですが・・
6月は発作も前駆症状も多かった。

つづく


posted by a.konomi at 23:55| Comment(0) | ケア・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする