2016年06月26日

術後3ヵ月検診

こんにちは。nonです。anna(あんちゃん)でしゅ。

今月初め、annaは術後3ヵ月になるので🏥検診を受けてきました。
あたちの存在はannaの心の支えになるので〜もちろん付き添いです
病院受診.jpg
まずはレントゲン。
レントゲン6月anna.jpg
*横向きでの撮影が出来なかったので・・うつ伏せで撮影*

そしてエコー。
エコー6月anna.jpg
*動画を一時停止にして撮影*

<<結果>>
視診:口腔内・歯肉腫脹3ヵ所あり。
聴診:異常所見なし。
触診:リンパ腫脹なし。
レントゲン上:異常所見なし。
エコー:胆泥量減少傾向。腎・副腎・膀胱・脾臓など異常所見なし。腸管に炎症あるのか?やや縦縞あり。
*毛は剃っていないので見える範囲*

5月から軟便が続き、体重が減少傾向のためフードを増量中であるが体重維持で増量なし。
炎症性腸管疾患があるのか??はっきりせず。
シクロスポリンによる腸管の炎症も考えられるため25mgのみ休薬し、便の状態を確認。
歯肉腫脹も2つから3つへ増えていることもあり、今後はシクロスポリンを減量して中止する方向で検討。
1週間様子観察し、その状態で今後の治療を検討。

ということで

1週間後・・・便の状態変化なし。体重増加なし。
シャンプー後も皮膚の痒み・赤み減少なく、むしろ増強。
診察の結果、現段階ではシクロスポリン25mg服用するのがベストということで再開。

いずれシクロスポリン中止する方向であれば家族の考えとしてZ/dウルトラ⇒アミノペプチドフォミュラへフードを変更したいと伝える。
6/10よりアミノペプチドをz/dと混ぜ開始することになる。
開始2日後には軟便から普通便になる。軟便は解消
とりあえず1つクリア。
次のエコーでは腸の炎症も消えているかな。。

転移などなかったので、一安心


ポチっとお願いします

フレンチブルドッグひろば

フレンチブルドッグひろばのランキングに参加しています
ポチっとお願いします


にほんブログ村のランキングに参加しています


posted by a.konomi at 12:12| Comment(2) | ケア・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
anちゃん、取りあえず転移してなくて良かったです (*^-^*)

最近、何かと忙しくてレウォを構ってあげられない日が続いているのですが、、、(散歩は行っています)ギャウギャウ鳴くようになっちゃって、困ったちゃんなんです (゚Д゚;)

ストレスですかね?、、、

これからは、お散歩も短い時間になってしまうし、、、
このままだと ご近所迷惑になっちゃうよ〜(:_;)

Posted by きよみん at 2016年06月27日 14:57
*きよみんさん*
ありがとうございます(*≧∀≦*)
はい、転移とかなくて本当にホッとしました。
これからも定期的にチェックは必要ですけどね。

レウォンくんはきよみんさんに構って欲しくて、注目してもらうために吠えてるんでしょうね…。
nonは感情を出すタイプなのでよくやりますよ(^-^;)
気を引くためにギャウギャウ鳴いたり、悲しくフムフム鳴いたり、、そして遠くから吠えてみたり、近くで吠えてみたりと色々パターンがあります。
だいたいテレビを見るときなんかに15〜30分くらい抱っこし、寝てしまうとその日は落ち着きます。
年々引っ付き度が増してる気がするから…レウォンくんもそうなのかなぁ
単純に抱っこ抱っこ攻撃じゃダメかしら?
きよみんさんと一緒に遊ぶ感じじゃなきゃダメかな??
まだまだ梅雨→暑さが続くから何かしら対策が必要ですね(>д<)
Posted by a.konomi at 2016年06月29日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: