2018年08月30日

8月28日☆non☆お空へ


我が家の太陽だったnon。10年間、幸せだったよ  ありがとう
ずっとずっと大好きだよ


*このあと亡くなった後のnonの写真が出てきます。苦手な方はご覧にならないようにお願いします*


当日は急いでパパしゃんも帰ってきて、オババも熊本から来てくれて…
さみしそう.jpg
27、28日にお友達、そしてお友達のママさんパパさんたちとお別れができました。
いただいた沢山のお花に囲まれ、28日夕方に私達の元からお空へ旅立ちました。
お花いっぱい.jpg
お花.jpg

夏場で洋服も着ていなかったしnonの匂い物が欲しかったのでちょっとだけ洋服を着てもらったり。。
病院で綺麗にしてもらいましたが、家を出る前にはいつもようにエモリカで全身拭きふきしました。
また家族になれますように
また家族になれますように.jpg
家族写真も撮ったし、いっぱいっぱい抱きしめて、、まだ寝ているみたい・・・
お花にかこまれて寝ているみたい.jpg
いつものnonの席で斎場まで最後のドライブ。
オババもannaも一緒に斎場へ入れて、最後までお見送りができました。

帰ってきて.jpg
まだ祭壇も写真も準備していなくて2〜3さい時のいただきモノの写真。
まだ祭壇ないけど.jpg

最後になりましたが、、
たくさんの応援をいただき、ありがとうございました。
これまでnonを見守り、可愛がってくださった皆さま、本当にありがとうございました。



posted by a.konomi at 14:43| Comment(4) | nonのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

2018年8月27日☆non☆



ご報告が遅くなりました、、

昨日の14時すぎ急変し、nonが力尽きました。
とてもとてもきつかったと思います。
精一杯頑張ってくれました。
non.jpg

皆さんにたくさん応援していただき、本当に励みになりました。
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。


**追伸**
いつまでも離れたくはありません・・・でも・・
連日の暑さもあり、エアコン&SAM家から保冷剤をたくさんお借りして冷やしていますが
nonのカラダがnonのカラダではなくなってしまうので
本日の最終時間帯で斎場へ行くことにしました。火葬に1時間程かかるということなので、17時に斎場到着予定です。
みなさん、もしお時間があれば17〜18時頃にお空を見上げて見送っていただければ嬉しく思います。

posted by a.konomi at 09:31| Comment(6) | nonのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

手術当日と術後1日目

こんにちは。nonです。

土曜日の25日、脾臓摘出術を行いました。
みなさんの応援パワーで無事に手術を終えました。ありがとうございます!

〜当日の経過から〜
16時半ごろ、病院から電話。
先ほど無事に手術が終わりました。覚醒しているけれどまだちょっとボーッとしている状況です。一応、いま酸素室で様子をみています。
17時半頃に説明とnonちゃんの面会に来て下さい。
とのこと。

ICUに入ると酸素室で立っている。
小刻みに震えている、痛みなのか…熱なのか…キツそう。元気はないものの声かけに顔を動かす。

傷口はネットで圧迫固定中です。痛み止めは少し強めのが点滴に入っています。
手術中、熱は出ていません。脾臓全摘出しています。摘出したものを見られますか?


見たいです→摘出した脾臓を見ながら

こういう感じで脾臓表面出血や破れているところなどは見られていません。
表面もボコボコしたところもないです。これから数ヵ所カットして中を確認し、病理提出を行います。
骨髄穿刺も行いました。そちらの方は止血できています。
ただ、脾臓摘出し縫合したところからジワジワと出血していています。それで圧迫固定している状況です。
今日は酸素室で様子を見て、明日あさ血液検査をします。減少が見られる場合は残りの分を輸血します。
夜間は2〜3時間おきに観察を行います。ゆっくり面会されてください。

術当日.jpg
ということで説明の時間も含め20分ほどnonに声をかけながら酸素室のドア越しで見てきました。
ドアのギリギリに立っているので、時々瞼が当たったり…酸素の影響で目が乾燥しているようすでした。
ずっと立っていたけど最後の方は座って、その後は伏せて目を閉じたので、ICUを出ました。
処置室で明日の面会について話をしているとnonは立ち上がっていました。ICUはガラス張りなのでどちらからも良く見えます。
明日は10時半〜11時までの中で説明します。とのことでした。
まだまだ見ていたけど、、先生と看護師さんに任せて帰ってきました。


〜1日目〜
10時半くらいから病院へ。
nonの状態の説明を聞きに面会へ行ってきました。

酸素室でとってもキツそう。
伏せた状態で水の器に顔を突っ込んで水をがぶ飲みしていました。顔を上げ下げするのもしんどい様子。
昨日、私が出た直後にへたりこむ感じで伏せたそうです。面会の時、心配させないように頑張って立っていたのかな…
ごめんね、長居しちゃったね。キツかったね。。

昨夜、嘔吐と発熱(40℃)がありました。坐薬を使っています。
歯茎の色が白く、血液検査をしました。術後なのでデータ的には減少もありますが、nonちゃんの体調の割にはそんなに低い値ではありませんでした。
今朝、超音波検査をしましたが腹腔内の出血はありませんでした。ただし毛細血管レベルはわかりません…
傷口周辺の内出血はありました。
それと点滴の管を交換したのですが、針を抜いたところがすぐには血が止まりませんでした。なので、血液検査をしたところジワジワ出血していたこともあり血小板は下がっています。
貧血と低血糖、低アルブミン、腎機能上昇が認められます。まずは残りの輸血を行って、引き続き点滴をしていきます。
まだオシッコが出ていないので、急性腎不全に気をつけて状態を見ていきます。状態に応じてアミノ酸成分など投与していきます。
術後48時間を乗り切ればひとまず安心できるので。
酸素濃度が30%を下回らないようにしながら気をつけていただければ酸素室の小窓を開けて触ってあげられても大丈夫ですよ。


と小窓を開けてくれたので、オデコを撫でなでしながら声をかけました。
すると顔を上げて私を見て、また顔を下ろしました。時々目を開けて私を見て、また目を閉じて…
昨日は説明時間も含めて20分くらい居ましたが、今日は説明時間を含めて10分くらいで面会をやめました。
部屋を出る前にもう一度、小窓を開けて撫でながら声をかけました。
絶対大丈夫だからね。頑張ってね。みんなみんな応援してくれてるからね。元気になってお家に帰ろうね。annaもお家で待ってるよ。明日また会いに来るからね。
術後1日目.jpg
明日の面会時間を決めて、看護師さんと先生にお任せして帰ってきました。

non頑張ってくれています。
とてもキツそうだけど、絶対絶対乗り越えくれると信じています!!️絶対絶対大丈夫!!️乗り越えます!!️
良ければ…nonにこれからもパワーを応援をお願いします。


posted by a.konomi at 08:24| Comment(4) | ケア・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

本日、脾臓摘出術

こんにちは。nonです。

先日からお話したように我が家の一難三難はanna。二難はnon
nonは以前から脾腫があり、これまで定期的に検査をしてきました。
現在、脾臓肥大・血小板減少・貧血があります。

ココからとても↓↓長文です。

*これまで経過*病院@は定期検査で通院 Aここ2年ほど通院。
7月中旬の散歩から帰宅してしばらくすると、いつもより元気がない。血色が気なって爪や口腔粘膜、眼瞼粘膜をチェックすると蒼白ぎみだった。
つめ.jpg
9時前には少し元気になっていたけどA病院病院受診。
念のために血液検査をすると貧血傾向と血小板減少、CRP上昇がみられた。
脾腫があるので、超音波検査をするとかなり大きい。
レントゲン撮影するとビックリするほどおおきくなっている。(@病院での最終サイズをTELで確認)
DICを起こしている可能性が高いので止血剤とステロイドを投与して、それでも数値が下がるようならば緊急脾臓摘出術を行います。とのことで預かりになった。
午後からの検査では悪化はなく、超音波検査上でドンドン出血してる様子もみられないとのこと。帰宅してOK。
脾機能亢進症の疑い。

今後について…いずれ脾臓摘出手術をするならばその前に腫瘍の有無や別の臓器に問題がないか@病院でCT検査で調べてみたいと申し出る。
A病院に快く承諾してもらえた。

@病院に翌日の受診とCT検査の仮予約をする。
血液検査をすると前日よりも少し数値が良かったのでCT撮影(単純・造影)
*結果*
CT上も脾臓肥大が著しい。腫瘍様なものはみえず。
他臓器は問題なし。
DICの恐れ、脾機能亢進か免疫介在性血小板減少症か…抗核抗体と凝固系検査をする。
*左:レントゲン撮影*
検査.jpg
*右:CT撮影*
2つの結果が出るまでステロイド・利胆剤・抗血小板薬の投与。
体調は良かったり、震えが出現して発熱したり、、7月中の数値はほほ横ばい。一時は血小板10万上昇。
**結果**
抗核抗体(−) 凝固系:血栓ができ、溶解した数値。

抗核抗体は陰性だけどステロイドに反応しているので自己免疫疾患ではないと言い切れず。
脾臓摘出後に血小板上昇がみられない可能性もあるので、まずは免疫抑制剤を服用して効果をみて、いずれ手術する方向で治療方針が決まった。

肝機能上昇のため、ステロイド減少。
1つ目のセルセプト(免疫抑制剤)を2週間投与。
1週間目は横ばいだった数値が2週間後にはこれまでで一番低下。更に蒼白傾向で覇気がない。
セルセプトは効果なく中止、新しい免疫抑制剤(アラバ)へ変更。

変更後は軟便〜水様便(下痢)を1日5〜6回。
貧血もありダルい様子、夜間も排便でよく眠れていない様子、、また日に何度か震えも出現。

18日にA病院でセカンド・オピニオンをしてきました。献血ドナーを探したほうが良い、こちらも探してみます。と・・・。
万が一に備えて、血液型検査をしてくれました。

今の状態、数値では手術ができず…どうかどうかアラバが効いてくれていますようにと願っていたのですが・・。
貧血とステロイドの副作用、2日間ほど下痢だったために足元がふらつく。

22日、面識がある程度だけど…散歩中の若い黒ラブちゃん連れのパパさんに声をかけ献血ドナー探しをしている状況を簡単に説明する、家族と話して連絡してくれると。
→うちの犬で良ければドナーになりますよ。前もって適合検査も受けましょうか?と快諾してくれた。
(24日病院受診予定、その結果では輸血が必要になる旨を説明)

22日の日中から貧血のため呼吸が速くなり、朝方は日中よりもキツそうに感じる。時々カーっと咳払い。
少しでも呼吸が楽になればと夜間病院へ電話し診察。酸素飽和度97%正常範囲内だけども呼吸が速く浅いので酸素室へ入室しましょうと。
2時間入りSPO2が100%へ。帰宅する。
帰宅後も呼吸は速いもののスースー寝ている。

9時半過ぎから30分ほど震え出現。現在通院@病院病院は担当医が休みなのでA病院へ電話を状態を説明し受診。
血液検査と胸レントゲン撮影→やはり貧血が進んでいる、血小板値は横ばい。レントゲンは異常なし。
明日、輸血した方が良いでしょう、そして早い段階で脾臓摘出術をされた方が良いと思います。との診断。
酸素室も空いているし、呼吸も楽でしょうから…と酸素室へ入室。(12〜18時くらいの半日入院)
18時頃、迎えに行くと時々寝ていましたよ。と爪の色がピンク〜表情にこにこ 酸素室では呼吸も楽だったのが血色が少し良くみえる。帰宅する。
カリカリフード&缶を食べ、呼吸は速いもののスースー寝る。
明け方からカーっと咳払いあり少しキツそうだったり、眠れたり。

朝ごはんはカリカリフード残し。
受診予定10時より早い9時過ぎに@へ到着し、昨日のA病院データ渡して待合室で待機。
声をかけした看護師さんの手を舐めたり…
診察と採血、体重8.3キロ体温39.1℃。
前日より貧血が更に進んでいる…ヘマト20%血小板14000

今回献血ドナーを受け入れてくれたしずくちゃんも検査に来てくれました。
血液型はnonと同じ(−)でした。本当に良かった
あずけ.jpg
この日のうちに輸血することが決定。そして25日脾臓摘出術、骨髄検査(穿刺)をすることになり12時頃そのまま預りへ。

ドナーになってくれた、しすぐちゃん頑張ってくれました。本当に本当にありがとう

18時頃に@病院へ電話すると先ほど輸血終了しました。今のところ副作用は出ていません。
明日、採血結果と状態を説明します。とのことでした。

今朝11時に病院へ状態などを聞きに行く。
昨日はフード缶を食べました。いつもの元気はないものの起きたり伏せたり。今朝は少し熱があります。輸血によるものとは思いますが、白血球数値も範囲内です。ヘマト29.6%(期待していたよりも上昇みられる)血小板22000とやや上昇。
予定通り脾臓摘出術をします。麻酔後に状態が安定していたら骨髄穿刺を行います、状態によっては摘出術のみになります。nonちゃんのお顔見られていきますか?

手術前なので見たいです!と返事をして、nonに会いました。
最初、声をかけたときはキョトンとしていましたがドアを開けてもらうとトコトコと私の元へ歩いて出てきました。
抱っこしてまず、輸血を頑張ったことを褒めて今日の手術を頑張って元気になろうね。みんなみんな応援してくれているよってチュッチュッしてきました。
帰りたそうでしたが、絶対絶対大丈夫だからね。頑張って元気になってお家に帰ろうねーーーーって言ってまた預けてきました。

他に検査など立て込んでいる中でnonの手術を入れたので手術開始時間が今ははっきりわからないとのこと、、
手術が終了次第、連絡を入れてくれることになりました。
朝めんかいへ.jpg
早ければ手術は14時から開始していると思います。
nonも先生も頑張ってくれると信じて待つのみ!!️
無事に摘出術が終わりますようにしっかり覚醒しますように
貧血が進まず経過しますように

良ければみなさんもnonの応援をどうぞよろしくお願いいたします


posted by a.konomi at 15:29| Comment(2) | ケア・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

11日に無事退院♡

こんにちは。nonです。anna(あんちゃん)でしゅ。

anna、一昨日の肥満細胞腫摘出術を終えて・・無事に昨日予定通り退院しました
**下記に傷口の画像があります。苦手の方はご覧にならないようにお願いします**

〜退院日の様子〜
診察室にスタタっと歩いてきて、ママしゃんに立っちしてきました〜
それで、、担当医から昨日伝え忘れが…と
CT検査で椎間板ヘルニアが2ヵ所見つかりました。今後、症状が出てくることがあるかもしれません。
画像を見ると・・・けっこう突出してる 
**今後、要注意!!これからはヘルニア症状が出てこないかも気をつけて観察していきます**

傷口もキレイ(ドッグイヤーあり)、痛みや嘔気・嘔吐なく、肝穿刺の出血もなし、エリザベスカラーを外すと手足を舐める動作あり・・。
点滴以外は水分を取っていない。お水はあげたけど飲まなかった。
でも持参分のフードは全量摂取した。
それとお話されていたようにオシッコとウンチしませんでした…(院内で)
12日から自宅で抗生剤の軟膏を1日2回塗るように。(ウンチがくっついたら流水で洗い流してそっと拭いたのち軟膏塗布)
基本はガーゼなしのフリー状態。1週間後に受診し、状態チェック。抜糸は2週間後予定。
擦ったり、nonちゃんに舐められたりしないように注意すること。(オムツ装着も短時間なら可)
痛み止めの内服は12日までの飲みきり。抗生剤内服と軟膏塗布は必ずすること。の指示
病理検査と遺伝子検査の結果が返ってきたらお知らせします。
散歩は2〜3日はトイレのみ、徐々に距離を伸ばしてOK。無理のない程度で。

と説明をうけました。
肥満細胞腫術後だけど・・・思っていたよりもかなり傷口が小さい、傷口は赤みもなくきれいだ
退院~.jpg
会計後に1階の病院敷地端っこで排尿ジョビジョバ〜 オシッコを流す水もいーーっぱいかけるほどの量だった💦
ずっと我慢してたのね・・・annaは案外デリケートなのよね

帰宅後は傷口を全く気にせず横になったり足伸ばしたり、その後はベロ表情出して寝始めたのでオムツも外してフリー状態へ。
ねる〜.jpg
あたちから傷口を舐められないよう要注意👀だって〜
ソフトケージを設置していますが、あたちが入ろうとすると「ダメよ〜ここはannaの隔離用だから入らないで」って入れてくれません。。
きず.jpg
annaはCTと手術とよく頑張ったね〜元気に戻ってきてくれて本当に良かった
といっぱい褒めてもらっていました。あたちも待ってましたよ。。普段通りに過ごしながら〜
お昼寝から目覚めたらご褒美〜 大好きな干し芋〜
ご褒美〜.jpg
夕ごはんもしっかりフードを食べて、夜中もスヤスヤZZZ💤

今朝はカートに乗って2回だけ降ろして、シッコ&ウンチ。ウンチも硬すぎず軟らかすぎずの良いウンチ○で全然くっつかなかった
本日も軟膏を朝/夕2回塗って・・塗ってすぐはオムツ装着し数分後に外してフリーに。
日中もヘソ天で寝たり、横向いたり、一人掛けソファーにも乗り降り・・どの体勢も全く痛がらず過ごしています。
へっちゃら〜.jpg
今日もオヤツ&ご褒美は頂き物のフルーツ

しばらくはこの生活だけど・・ゆったりまったり過ごしましょう〜


ポチっとお願いします

フレンチブルドッグひろば

フレンチブルドッグひろばのランキングに参加しています
ポチっとお願いします


にほんブログ村のランキングに参加しています
posted by a.konomi at 22:41| Comment(2) | non&annaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

無事、手術終了

こんにちは。nonです。anna(あんちゃん)でしゅ。

昨日お話したanna、無事に手術が終了しております。
みなさんにたくさん応援していただいたので、anna頑張れました
本当に本当にありがとうございました。

*手術前*
nonも一緒に受診したので安心していた様子でした。
一緒に.jpg

*術後の説明*
ここでは簡単に記載します。

麻酔のトラブルもありませんでした。
お尻の肥満細胞腫以外に悪性の所見はなさそうでした。
肛門括約筋と肛門嚢があるので、その部分に触れないよう取れる範囲で切除しました。
病理の結果で今後が決定します。
当初の通り、明日退院予定です。11時半にお迎えにきてください。


帰りにICUの小窓からannaに見えないようにしながら、見てOKということだったのでこっそり覗きてきました。
annaはお座りをしていて先生や看護師さんたちを時々みて・・私とも目が合いそうでした。
なので隠れながらの少しの時間でしたが、元気そうな姿を確認できました。

**写真は今朝の自宅での様子です**
朝,.jpg


病理検査の結果待ちではありますが、ひとまず安心しました。
取り急ぎご報告まで。



posted by a.konomi at 23:03| Comment(0) | non&annaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

肥満細胞腫と肝臓の影

こんにちは。anna(あんちゃん)でしゅ。

実は我が家、数ヵ月前から色々と問題発生中でして・・
一難去る前に二難、三難がやってきました
一難と三難はannaの出来事です。
anna.jpg
anna尻の出来物が検査すると肥満細胞腫でした(三難目)
ココ.jpg
なので至急手術枠をおさえて、火曜に術前検査の血液検査・レントゲン・心電図:どれも異常なしだったので明日の金曜に手術します。

ここからかなり長文になります。

*これまでの経過*
5月中旬に毛並みがちょっと気になるなと思って見たら小ーさいポッコリ発見。
発見からの経過.jpg
毎月アトピーで受診しているからみてもらったけど小さ過ぎて検査できず。毛穴の炎症かな?と経過観察へ。
少〜〜しずつ大きくなってきて6月上旬→5ミリ、7月上旬→5.5ミリ。
7月中旬からnonの体調不良でanna尻をマジマジ見てなかったら7月末にひとまわり大きくなっていたので8月上旬の受診で計測してもらったら7ミリ。
これまでの経験上、1〜2週間で大きくなるブツは良いことなんてなーい。
今のサイズなら検査できるとのことで針穿刺をしてもらったら…
担当医もまさかの肥満細胞腫💦
発見からの経過2.jpg
肥満細胞腫は悪性の腫瘍です。
1:ステロイドを服用して小さくなるか見て手術をする
2:近々で手術する
3:お盆明けに手術する
どうされますか?と
私の意見としては2年前に口唇近くに出来たブツは後半2週間で大きくなって切除したら結果的にメラノーマだったから…
近々で手術したいと希望しました。
ご近所の犬友もこの数年間で数頭、肥満細胞腫で手術や抗がん剤を使用しています。

annaの肥満細胞腫は肛門に近い場所・・・
基本的に肥満細胞腫は腫瘍の周囲2〜3cmを切除する必要があるが肛門括約筋があるのでギリギリラインで取るのとのこと。
肥満細胞腫が小さくてもそこから目に見えない腫瘍の根っこが伸びています。根っこまで全部とらないと再発を起こしてしまします。そのため目にみえている腫瘍とそのまわりを含めて大きく手術で切除する必要があり大きな傷となります。 
切除した組織を病理検査 しその結果によっては抗がん剤治療などが必要になります。
それで今回は遺伝子検査もしましょうと。
遺伝子変異があるかないかのチェックです…グレードとか病理の結果で今後も治療が必要か不要かが決まります。

それで、一難目は6月に超音波検査で肝臓に●影あり。
8月定期受診で超音波検査施行し、●は変わりなし。
だけども今回、肥満細胞腫が見つかったので肝臓●をCT撮影し針穿刺を提案された。(お尻の肥満細胞腫の浸潤も含めチェックしましょうと)

*肝臓の●経過*
annaは数年前から胆泥症なので6カ月〜1年/1回に超音波検査でチェックしていたら6月に発見。
画像を見返してみると昨年12月にはうっすらこれかな??ってくらい。
今後について
1:このまま間隔を短めにして超音波検査しながら経過観察する。
2:CT撮影だけしてみる。
3:CT撮影した際にちゃんと生検する。
4:CT撮影した際に針穿刺する。
1〜4を提案され、他に方法がないか自分なりに調べてみました。
そのうえで肝臓は血管が豊富なのでCTでの生検ではなく、無麻酔のソナゾイド超音波造影検査 (肝腫瘤性疾患の診断を目的とした超音波造影剤を用いた検査)で腫瘍かどうか調べたいと私が申し出て…担当医は了承はしてくれました。
でもソナゾイドが出来る施設が我が家から近くだと山口大学か宮崎大学。。
初めての病院でビビりのannaが大人しく撮影できるのか、造影剤注入前後の撮影できなければやる意味なし。。
他の動物病院(以前、腫瘍科に勤務経験がある獣医師)でも動画をみてもらい、過形成かな…経過を聞くと緊急的にソナゾイドをしなくても超音波検査で経過をみても良いと思います。
との診断でした。
このことも踏まえて、このまま超音波検査で経過を見ていくことにしていました。

お友達からも応援メッセージとお守りをいただきました。
御守り.jpg
明日、無事にCTが撮れて手術で摘出ができてしっかり覚醒しますように
肥満細胞腫が全部取れきれますように
肝臓●が肥満細胞腫でもリンパ腫でも悪性腫瘍でもありませんように

今夜はしっかりご飯食べて、寝て、明日の午後、anna頑張ります👊
みなさま、応援よろしくお願いいたします
がんばるぞ.jpg
posted by a.konomi at 14:22| Comment(2) | ケア・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

ケツ顔

こんにちは。nonです。anna(あんちゃん)でしゅ。

ホント・・・毎日毎日暑い日が続いていますね
朝散歩は行っているけれど、距離が短くなりました〜それでもお外に出るだけで気分も
年齢的にも他の件でも・・無理は禁物だもんね
だから日中、🏥受診以外は涼しい中でゴロゴロ三昧です。
そんなんだからこんなこと↓↓されてちゃってます💦
らくがき~.jpg
まっ直接じゃないし〜それで気が紛れるならどうぞどうぞ落書きしちゃってくださいな



ポチっとお願いします

フレンチブルドッグひろば

フレンチブルドッグひろばのランキングに参加しています
ポチっとお願いします


にほんブログ村のランキングに参加しています
posted by a.konomi at 09:02| Comment(2) | non&annaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

2018夏のご挨拶☆

こんにちは。nonです。anna(あんちゃん)でしゅ。

夏のご挨拶.jpg

今年は酷暑でこれまでにない暑さが続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか
この暑さはまだまだ続くと思いますので熱中症など十分にお気をつけ、どうぞお体を大切にお過ごしください。
                                               2018年
                                                

最後になりましたが
この度の西日本豪雨により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様の安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
私にできることは本当に微々たることしかありませんが、でも出来ることの中からこれからも支援していきたいと思います。

posted by a.konomi at 10:32| Comment(2) | non&annaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

今のところ梅雨っぽくない・・

こんにちは。nonです。anna(あんちゃん)でしゅ。

もうすぐ6月も終わりに近づいてきましたね〜
梅雨入りしてあまり雨が降っていない気がする福岡地方です。
でもここ最近は暑くなってきて💦猛暑が続くと困ってしまいますね
蒸し蒸ししちゃうとannaの顎下〜首のカイカイも増してきて・・・
お散歩後は毎朝お顔〜首まで水洗いをしたり、週1でお顔〜首までだけをシャンプーしたり、、体全部のシャンプーしたり・・
べろべろ〜.jpg
真夏はどうなってしまうのか・・・

あたちも太ももの上〜腰下辺りに膿痂疹が出来てちょっとハゲていましたが、ようやく良くなって毛が生えてきました。
なでてくれ〜.jpg
あたちたちは快適な季節が短いから仕方ないけど少しでも快適な日が続きますように

それと全国的に起きている地震・・もうどこでも起きないで欲しい。
保存水とか諸々期限のチェックして、、いつでも色々と備えをしておかないといけないなぁとあらためて痛感。。



ポチっとお願いします

フレンチブルドッグひろば

フレンチブルドッグひろばのランキングに参加しています
ポチっとお願いします


にほんブログ村のランキングに参加しています
posted by a.konomi at 11:34| Comment(2) | non&annaの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする